読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつと過食とパニックと、何とか生きてきてこれからも生きてく

うつ、過食、パニック発作と一緒に生活しているアラサーのブログ。何とからく~に力を抜いて生きていける道を模索中。

家の環境は大切だなと思った話

春休み期間ウェーイに入ったので、昨日は友人の家に泊まりに行ってきました。私含め3人でお泊りです。

 

3人とも同期の子なのですが、この3年間で家に泊まりに行ったのは実は初めて。
私がひっじょーに緊張しやすいのと、疲れやすいのとで、今まではそれとなーく避けていたのです。
仲は良くてご飯は行っていましたが。
すごく良い子たちで、今までも「泊まりにきなよ」と言ってくれていたのですが、
私が自分の部屋に人を気軽に呼べないので、なんだか悪いような気がしていました。

 

家族でも友達でも、他の人のスペースに入るのも、自分のスペースに人を入れるのも、私にとってはすごくハードルが高いのです。
身辺整理がてら断捨離していて本当に一人分の生活用品しかない事や、オタクグッズが多い事もありますが、基本的に自分に自信がないので、「え~変だよ」と言われるのがすごく怖い。
一方でかるーく人を呼べる生活にとても憧れもありますが…ジレンマだ…。

 

そんな訳で特にうつがひどくなってから、人の生活を見る機会がほとんどなかったのですが、退職して、「明日仕事だからな~」と気を遣う必要も無くなったので、お泊りに行ってきたのです。そこで感じた事をレポ。

 

まず1つ目が
・ある程度のびのび出来るスペースは本当に必要


とても極端なのですが、実は今私は、5.5畳のワンルーム(家賃5万弱)に住んでいます。埼玉寄りの都内。今までは寮に住んでいたのですが、退職に伴い引っ越しました。

無職になる事の不安から、とにかく家賃・初期費用を抑えることを重視して選んでしまいました。詳しくはまた引っ越しについてまとめて書こうと思います。
とりあえず生活は出来ているのですが、とにかく狭い。ベッドも置けず、布団生活になりました。生活できるようになるにもいろいろとストレスがありました。

 

一方で友人は、関東の地方都市に4月から就職。家賃は8万弱ですが、1K10畳くらい、駅徒歩1分。徒歩5分圏内に、広い公園やショッピングモールもあり、静か。

部屋で運動できるスペースもあるし、ゆっくり眠れる。料理もできる。普通の暮らしかもしれませんが、私からすると「ゆっくり療養するには最適な環境じゃね?」と思ったのです。睡眠、食事、活動、といった生活はやっぱり大切だもんな~。

 

自分が今選んだ環境と比べて大きく凹む事はありませんでしたが、純粋に「いいな~!」と思いました。今回の引っ越しでは色々失敗もあったけれど、次の選択にいかせるようになればいいや。と思っています。ブログに書くネタにもなるし。5.5畳の部屋に住む経験ってなかなか出来ないし笑。

 

安定した収入が入るようになったら、次は絶対1K~1DKくらいで、周りの環境もいい所をじっくり選んで住もう、となんだか生活のモチベーションになりました。

 

気付いた事2つ目が

・都内から出ても大丈夫なんだ


これも当たり前の事なんですが、7年間東京に住んでいて、「都内の方が便利だし、仕事もあるし」という固定観念が私の中にありました。

でもそれにこだわる必要はないんですよね。特に私みたいに、会社勤めが自分に合ってないよー!と思う人間に関しては。

組織に属して毎日出勤が無理~!となったからには、とにかく自分がやれる仕事を探して稼ぐしかないわけで。

空知先生が「東京にこだわらなくても漫画は描けます。漫画家になりたいならあなたがやる事は東京に来る事ではなく、とにかく漫画を描くことです」と言ってましたが、ちょっとニュアンスは違うかもしれないけど、そういう事なんだよな~。別に都内にこだわらなくても、仕事の当てがあれば、家賃が安い田舎の方に引っ越してもいいんですよね。

 

そして3つ目が
・趣味ってこんなに気軽にやっていいんだ

これは友人が絵を描くとか、料理をする事を趣味にしているのですが。家の周りでゆっくり買い物や散歩をして、家でお茶をして、一人は夜勤明けだったのでソファで寝始めた後、友人は「絵描こう~」としゃしゃっとアクリルで絵の色付けを始めたんですよね。私はそれを横で見て、少しやらせてもらったのです。

まず「友達が遊びに来ていても、自分の趣味を自然に始められること(友達をほおっておくとか嫌な感じ全然なし)」に衝撃!!!すっげー!!!目からうろこです。でもそれだけ、気を許している相手なら、別に自由なんですよね。

 

そしてその絵も、ささっと棚から絵具と水入れのコップを出して、好きな色を付けていく。適当な布で筆を拭いたりしながら。コップは流しにつけておいて、後でお茶を飲んだコップを洗う時に洗う。(潔癖な人はだめかもしれませんが私は全然大丈夫でした)完成したら、100均で買った額に入れて壁に飾っているそうです。

何かを作ったりする趣味って、精神安定にもすごく良いっていいますが、なんだか構えてしまって行動に移せなかったりしますよね。でもこんなに無理なく、お金も無理せず、自分のやりたいようにやってる。それでいいんだな~と感じました。

落ち込みにくい人とか、落ち込んでもしなやかに回復力がある人って、こういう趣味を持っている人が多いんだろうか。

私はどうしても、何かやるならそれで成果を生まなきゃ、とか、上手じゃなきゃ、とか、思ってしまいます。でもそうじゃなくていいんですよね。仕事じゃないんだから、自分が夢中になれればいいんです。

自分だったらなんだろうな~やっぱり本を無心に読んだり、カラオケで歌ったりかなあ。他にも色々増やしていきたいな、と思いました。

 

色んな事に気づけただけでも、すごく良いお泊り会でした。
自分の振る舞いが変だったんじゃないかとか、夜いびきがうるさくなかったか(デブなので)とか、びくびくする所もありますが。それはもう忘れよう。

 

私はねじれてこじれて変だけど、どうせ変ならことごとく変で、なんとかそこをいかして生きていけるんじゃないか?とも少し希望がわいてきました。

 

明日から新生活が始まる皆さん、とりあえず新居や職場の選択が「やっべー間違った」と思っても、また次だ次!と進んでいきましょう~!ニートに言われたくないか。

私のように狭いお部屋で頑張って生活している同士の皆さん、工夫して少しでも快適に過ごせるようになりまししょうね!つよく生きましょう笑