読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつと過食とパニックと、何とか生きてきてこれからも生きてく

うつ、過食、パニック発作と一緒に生活しているアラサーのブログ。何とからく~に力を抜いて生きていける道を模索中。

一人暮らしの費用を計算しよう

朝、ごみだけ出して二度寝しちゃったよーうう…

でもこの間読んだ認知行動療法の本に、「今自分が持っているもの、自分ができた事に焦点を当てると良い」と書いてあったので、よしとします。
今日できた事:ごみ出し、掃除機、散歩 普通か笑

 

家にいると、仕事探さないとな~とか今の部屋から引っ越したいな~とかぐるぐる考えだけがめぐる事が多いです。
それがどんどん細かくなると、
今の資格いかした仕事の方が給料高いよなーでも医療関係の仕事したくないなー
就職活動とか正直2度としたくないなー(1度もまともにやったことないけど)
かといって在宅の仕事始めるわけでもないしな…
でもお金は不安だし、先生(主治医)にも家族にも何て説明しようかなーう~
引っ越しもお金かかるし…
あーあのバッグほしいな…hulu入りたいな…あの本読まないと…(この辺で考えは全然逸れています笑)

いやいやいやいや!!!自分で書いてて笑っちゃったよ!やっぱり考えを頭の外に出すって大事ですね!
考えるだけでは事態は何も動きません。特に昨日みたいに調子の悪い日では、ぐるぐるした考えが不安や悲観につながりやすいです。それが強まると「もういい死のう…」となってしまいます。いやいや!そんなので死んだらもったいないで!

 

たぶん、今の私の焦燥感は、自分の現状を把握できていないところも原因だと思います。
今までずっと避けてきたことを、今日は1個やってみよう!ということで!
生活費を計算してみましょう!

 

…当たり前じゃん、と思われるかもしれませんが、
実は一人暮らしをして7年間、ずっとこれを避けてきたのです。

 

お金が足りない事がわかると不安になる、というのもあるし、学生時代はとにかくアルバイトに明け暮れていて、就職してからは寮生活+給料が良かった(夜勤手当などで)というのもあり、計算しなくてもそこそこ生活できていたのです。

何より、ずっと「自分はいつか自殺するんだろうな」とぼんやり思っていたし、それが強まると「○月に仕事辞めたら誰も知らないところに行って、お金がなくなったら死のう」と思っていました。

そういう精神状態では、自分の未来を考えて貯金する必要もないし、そんな余裕もありませんでした。
先輩や同期が、「来年には今の彼氏と結婚するから、そしたら式にいくら必要で、都内に住むならいくら、関東近辺だといくら貯金が必要、子どもを育てるとすると、夫の収入が○○円くらいだから、やっぱり自分も働いた方がいいな」とか話している(これもだいぶ大雑把かもしれませんが)のを聞くと、素敵だなと思う一方、自分には全く関係ない夢のまた夢だ、と思っていました。

 

でも逆に、仕事をやめた今、皆が皆上記のような生活プランを持っている訳ではないにしろ、それぞれ自分が「大切だ、好きだ」と思う生活をめざして、仕事をしているのかなあと思うようになりました。
今の私にとっては、うーん…「安心してのびのび暮らせる家があって、少額でも自分でお金を稼いで生きていけること」でしょうか。

当たり前かー。でもいったん「普通」のレールから外れた自分にしたら、これがすごく大切なんだよな~。

 

前置きが長くなりましたが、レッツ計算。
というか、自分が何にいくら使っているのか全くわからなかったので、とりあえず3年ぶり(!)くらいに、通帳記入をしに行きましたよ。

 

銀行の場合、通帳繰り越し機がある所とない所があるので、調べてからいこうね!
私の場合、ATMの所に自動繰り越し機があって、数分でできたよ。
ゆうちょの場合は、窓口じゃないと繰り越しできないみたいで、明日窓口に行きます。どきどき。


・家賃 7万(今の家は5万ですが、早く引っ越したいので7万で)
・食費 3万(飲み会などなしで、スーパーで買うとして) 調子悪くて自炊できない・過食だと5万いくかも
・光熱費(都市ガス、電気、水道) 1万円弱
・携帯 1万円
・ネット 6千円
奨学金(2種類) 2万弱
・生命保険 5千円  
・健康保険 3万円弱
・クレジットカード(服、趣味など)2万
・年金… ??(この時点で相当やばいです笑)
・コンタクト 5千円

思いつく以上だけでも、20万6千円/月。
明日ゆうちょ銀行に行ったらさらに支払っているものがあるだろうし、日々の雑費・交際費などもあるわけだし、年金や税金をしっかり払ったら、もっと必要なわけですね…。

 

…おお…思った以上にやばい…生きていくって大変…ボディーブローじわじわきく…

 

例えば今、300万貯金があるとして、300万÷21万=14か月
つまり、ほんっとうに無職で、最低限の生活をできるのは1年ちょっと!!
いろんな意味で衝撃ですね。

 

そう考えると、やっぱり就職するって必要かも。
フリーランスと違いストレスは多いけれども、ある程度安定した収入がもらえる。
社会保険・年金など、フリーでは自分がしっかりしなきゃですが、会社が自動的に天引きしてくれる。
福利厚生が良ければ、ボーナス・家賃補助・交通費補助などなど…。
でもそれで体壊したわけだからなー!!人生って難しいね!!(壊れてきた笑)

 

ちなみに生活水準を下げる、という方法もあるでしょう。
例えば、非常に単純ですが、家賃。
5万×12=60万
7万×12=84万
当たり前ですが、1年でこれだけ差が出るんですよね。
でも私のようにあまりにけちって、人らしい生活ができない、とか、睡眠がとれない、という環境だと元も子もないです。
もっと家賃の低い田舎に住む、ルームシェアする、実家に住む、などの手もありますよね。

でもなー仕事があるのは都会なんだよな~…。ふふ。

 

ちょっと現実が見えました。昨日までのうだうだ悩んでいたより、前進したかな?
必要な経費がわかると、いくら稼ごうという気も出てくるというものですね。
しかも長い目で見れば、一時期の「もう死ぬからな」という考えより、「とりあえず生きるためにはいくら必要?」という考えにシフトしているわけで、それは良い傾向かもしれません。

 

いやーもし友人や家族が、いきなり無職になっちゃって、でも就職活動の前に「引っ越したいなー」とか言っていたら、間違いなく「いやいやその前に仕事決めなよ」と言いたくなると思いますが、
自分の事だと甘くなっちゃうんだよな~。

明日は引っ越しに必要な経費を計算してみるかな。

とりあえずご飯を食べます。