読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつと過食とパニックと、何とか生きてきてこれからも生きてく

うつ、過食、パニック発作と一緒に生活しているアラサーのブログ。何とからく~に力を抜いて生きていける道を模索中。

自立支援医療の申請

今日は通院。行って帰っただけでどっと疲れちゃいますね~。
2年くらい続けて診察していただいているのに、未だに先生に会うのはすごーく緊張します。

 

診察で「自分の伝えたい事を言う・先生の聞きたい情報に答える」のって難しくないですか?
前回の受診から大きく変わった事とかを伝えればいいんだと思うんですが、
日によって調子が違うし、自分では良くなってるのか悪くなってるのかわからない…
あまり長時間話ができるわけでもないですしね。

・メモをとっておく
・どうしても聞きたい事、伝えたい事を1つか2つに絞って、そこだけは伝える

がいいかもしれません。

 

今日の私は、絶対に先生から仕事探しについて突っ込まれる…!と思っていたので、
・仕事をやめてみたら、「もう死ぬしかない」という気持ちはなくなった。
 仕事をしていない罪悪感の方が強いので、なるべく早めに就職しようと思う
・両親には、現状について、何から、どうやって伝えたらよいか?
この2点を、言うぞ!という意気込みでいました。

 

でもね、実際きょどりながら先生と話した結果…
先生は仏のように優しかったよ…(元々だけど)

 

聞かれた事は
・家での過ごし方(家の中で過ごしているか?外出はしているか?)
・食事 何食?買っているか?作っているか?
・何時に起きて何時に寝ているか

嘘をついても仕方ないので、
外に出るようにはしているが、1日中寝て過ごす時もある
図書館で本を借りて読むようにしている
料理は少しずつしている などなど、どもりながら説明。

 

そしたらね、先生、肯定してくれたんですよ。一言も責めずに。
「本が読めるのは良い事ですよ。図書館はいいよね、タダだしね。図書館巡りとかいいんじゃないかな」
「料理とか、洗濯とか、身の回りの事をやりながら静かに休養できているわけだから、それをもうしばらく続けられたらいいんじゃないか。」
パニック発作っぽい所もあるから、外出が怖くなっちゃうと余計困っちゃうと思うから、外出する練習は続けた方がいいね」

 

なんというか、自分で今の生活を責めてばっかりだったので、否定しないでくださった事だけで、涙がじわっとなりましたよ。
仕事の事は一言も聞かれなかった。

 

今日、大きく変わったこととしては
・今日から抗うつ薬を増やしてみる(リフレックスを1錠→2錠)
自立支援医療を申請(薬代が増えるし無収入だから、という事で先生が勧めてくれました)

 

自立支援医療は、精神疾患に対して、入院せずに行われる治療(外来の診察料、薬、デイケア訪問看護など)で、医療費の軽減が受けられる(3割負担→1割負担)という制度。

今までは、仕事をしていて収入があったので受けていなかったのですが、無職になったので、申請してみることにしました。

 

流れとしては
・病院で診断書をもらう(1通約6500円)
・診断書をもらったら、自分の住んでいる区の保健所・保健センター・市役所などの管轄窓口に申請に行く

必要な物:
自立支援医療費支給認定申請書←??これは管轄窓口で書くのかな?
・健康保険証(または生活保護受給証明書)
・印鑑
・「世帯」の所得状況がわかるもの(区市町村民税課税・非課税証明書等)←???これも役所に行けばもらえるのだろうか?それか前職場の源泉徴収とか?
マイナンバー
・診断書

 

ん~難しい書類がいっぱいあるけども、役所に電話して聞いてみよう。

 

なんだか、自分の人生はどん底を更新していくな…と思っていたのですが、そうでもないんだな。
薬も増えるし、少しずつ変わっていくんでしょうか。